岩倉の教育[Educational System]運輸科

多様化する鉄道ビジネスに対応する
実践的で総合的な専門教育を行う

運輸科では、安全の知識や車掌業務、運転技術などに関する伝統の鉄道教育を軸に、観光やサービスの分野をテーマとした専門的授業も実施。
現代の多様な鉄道ビジネスに求められる実践的な知識とスキルを、綿密に計画されたカリキュラムを通じて身につけていきます。

運輸科の教育

社会の変化に応じた鉄道教育を実践

運輸科

就職・進学に限らず、一般教養を重要視し、普通科と同様に進学に対応できるカリキュラムの編成がなされています。専門教育においては年々変化している鉄道事業を理解するため、「ホスピタリティ」の授業で人間性を磨くことはもちろん、全校で取り組んでいる「チャレンジ」としてのグループワークで課題解決学習に取り組んでいます。それは、3年次での「観光プラン」へつながります。

ホスピタリティ

ホスピタリティ
駅務・車掌業務を円滑に行うために欠かせない「サービス介助」の内容を中心に学習していきます。「心からのおもてなし」を学ぶために、人間性を磨く実技・座学の授業があります。

工業技術基礎

機械製図・CAD・機械工作・溶接など、工業に関する基礎的な知識・技術を、実習を通
して学ぶ必修科目です。

鉄道実習

鉄道業務の現場を肌で感じることができるインターンシップです。業務の最前線を舞台に現
役の鉄道員と接することで、とても貴重な経験が得られます。

鉄道概論

鉄道概論
鉄道の制度や歴史、鉄道を構成する線路・構造物・電気・信号などの設備、技術について基本的な知識を修得し、社会全般に通じる幅広い考え方を学びます。

旅行業務取扱管理者

鉄道と密接な関係にある旅行業。国家資格である旅行業務取扱管理者試験合格に向けて挑戦します。

課題研究

グループワークによって旅行プランを立て、校内でプレゼンテーションを行います。また、「観光甲子園」本選大会出場を目指して取り組んでいます。

カリキュラム

カリキュラム(運輸科)

*教育課程を一部変更する場合があります。

時間割 【運輸科 2年の場合】

時間割 【運輸科 2年の場合】
Return to Top ▲Return to Top ▲