岩倉の教育[Educational System]運輸科

多様化する鉄道ビジネスに対応する
実践的で総合的な専門教育

運輸科では、伝統の専門教育と実習授業を通して鉄道業務を総合的に学びます。2年次での鉄道実習を始め、校外学習では、車両基地等の見学を実施します。また、様々な分野の外部講師の方をお招きしてキャリア教育を進め、「働く」ことへの意識向上へつなげます。さらに、「サービス」や「旅行・観光」の分野に拡げ、幅広い知識を学び、見識を深めていきます。就職へ向けては、マナー教育・履歴書の書き方から面接練習会まで個々に対応していきます。鉄道・運輸業界の就職だけでなく、大学進学へのサポートや多様な分野でのキャリア育成にも力を注ぎます。

運輸科の教育

社会の変化に応じた鉄道教育を実践

運輸科

就職・進学に限らず、一般教養を重要視し、普通科と同様に進学に対応できるカリキュラムの編成がされています。専門教育においては年々変化している鉄道事業を理解するため、「ホスピタリティ」の授業で人間性を磨くことはもちろん、全校で取り組んでいる「チャレンジ」としてのグループワークで課題解決学習に取り組んでいます。それは、3年次での「観光プラン」へつながります。

ホスピタリティ

ホスピタリティ

駅務・車掌業務を円滑に行うために欠かせない「サービス介助」の内容を中心に展開していきます。「心からのおもてなし」を学ぶために、人間性を磨く実技・座学の授業があります。

インバウンド貢献

インバウンド

インバウンド(訪日外国人旅行)拡大に貢献するため、上野観光連盟の方をお招きして地域密着型の観光を考えるとともに、コラボレーションの企画も進めています。

課題研究

課題研究

グループワークにより旅行プランを立て、校内でプレゼンテーションを行います。また、代表グループが「観光選手権」に挑戦しています。

カリキュラム

カリキュラム(運輸科)

時間割 【運輸科 2年の場合】

時間割(運輸科)
インターネット出願について
学校案内パンフレット
学校案内パンフレット
Return to Top ▲Return to Top ▲