学校紹介[School Introduction]教育理念・校訓

学校長より挨拶

「不確実」時代の波を
生き抜くために。

理事長・学校長<br />
浅井 千英理事長・学校長
浅井 千英

 社会は日に日に変化しています。街を歩けば、アジア人や西洋人はもちろん中近東からやってきた人々を目にすることも珍しくありません。若いうちからそうした環境で生活できる生徒たちを本当にうらやましく思います。
 わたしたちが生きているのは、多様な文化と価値観が共存する社会です。「共存」とは何でしょうか? ひとつには、折り合いをつけることだと思います。異なる文化や価値観を100%理解することはむずかしい。ただすべてを理解できなくても、お互いの価値観を尊重しながら協力関係を築いていくことはできます。
 先入観を持たず、柔軟な発想でさまざまな価値観と向き合い、折り合いをつけること。多様化が進む社会の中でもっとも大切なことであり、これからの社会を担う生徒たちにぜひ身につけてほしい能力です。
 一方で多様な価値観と向き合うには、しなやかな知性とそれを支える幅広い知識が必要です。通信技術の普及であらゆる情報を手軽に入手できる時代になりましたが、ややもすると限られた世界だけに関心が向きがちですから、若い世代にはぜひ本を読んで欲しい。一冊の本が持つ圧倒的な情報量とそこから派生する知の広がり、奥深さ、楽しさを味わってほしいと思います。
 生徒たちはいずれ社会に出て働くことになりますが、社会はこれからも変化し続けます。大学進学や就職はひとつの目標ですが、10年後20年後を考えたとき、何より大切なのは「学び続ける力」です。学びに終わりはありません。そして社会に出てからも学び続ける基礎体力と変化をいとわないマインドは、高校時代に培われると言っても過言ではありません。
 岩倉高等学校では、通常授業以外に生徒たちにさまざまな「挑戦の場」を提供していきます。未来の選択肢を広げるという意味もありますが、その本質は常に新しいことに挑戦し、学び続けるマインドを養うことにあります。この考え方に男女の区別はありません。女性が活躍する場は、今後も間違いなく広がっていくでしょう。高校3年間で、今とは異なる未来を生き抜く力を、すべての生徒に身につけてほしいと考えています。
 いろいろなものを見てみたい、新しいことに挑戦してみたい。そんな好奇心溢れる15歳の入学をお待ちしています。

追伸 受験生・保護者のみなさんへ

 学校説明会はもちろんそれ以外の日にも、ぜひ岩倉高等学校を見にいらしてください。教職員一同心よりお待ちしています。

校訓

正心第一

正心第一
インターネット出願について
学校案内パンフレット
学校案内パンフレット
Return to Top ▲Return to Top ▲